【暮らしのあれこれ】 ハンドメイド

前立ては前端からとる 前中央とは?

ピンタックのシャツを縫っています。
前立てを縫おうとして間違えに気が付きました。

ピンタックのシャツ

スタンダードなシャツを3枚縫ったので、次のシャツを作ります。
ピンタックのシャツです。
練習をたくさんして、いよいよ本番です。

本ではピンタックを縫った後、前立てを3㎝で三つ折りにしてから型紙に合わせて前身ごろを裁断します。
3㎝をはかって、アイロンをかけていて気が付きました。
「前立て部分が足りない。」

私は思い当たることがありました。
前身ごろの型紙をつくる時に、前中心から前立て分の6cmをはかったのです。

裁ち合わせ図を確認すると、前端から6㎝とありました。
どこから6cm測るかで、間違えてしまったのです。
前中心は前端よりも手前です。
それで、前立て分が足りなくなってしまったのでした。

前端と前中心

前端はシャツができた時に前身ごろの縦の部分の際になる部分。

前中央は前端よりも少し奥。ボタン付けをするライン。

型紙からやり直し

これはもう、型紙から作り直しです。
布はまだ残っていました。
前身ごろがぎりぎり取れます。

型紙を作り直す

練習の成果

裁断して印をつけ、ピンタックを縫いました。

ピンタック

でも、最初の頃よりもずっときれいに縫えるようになりました。
まだまだ曲がっているし、幅も均等ではないけれど。
やっぱり練習するとできるようになるんだわ。
ルレットで印をつけるときについてしまった消しゴムカスが取れなくて悲しい・・・。

ましになってきたピンタック


それでは また☆

-【暮らしのあれこれ】, ハンドメイド
-, ,