【暮らしのあれこれ】

100円ショップで夏の準備 自転車編

100円ショップで夏の準備のために購入した手袋と帽子ゴム

日差しが厳しくなってきました。

自転車の日よけアイテム

私の移動手段と言えば徒歩でした。
片道30分ぐらいの道のりだったら、歩いていきます。
夏でも日傘を差せば、暑さ対策はほぼ完了です。
100%日差しを遮るという日傘は、強力な紫外線からも守ってくれました。

自転車となるとそうはいきません。
日差しを遮るアイテムを考えてみます。

日焼け止め 厳しい日差しから肌を守ってくれます。

サングラス 目を紫外線から守り、明るすぎる光からも守ります。

帽子 頭に日差しが降り注ぐのを守ってくれます。

アームカバー 夏には半袖を着ることが多くなります。腕を覆い、日に焼けるのを防ぎます。

ネックガード・バンダナ 首を覆い、日焼けしないようにします。

日よけのカーディガン UVカット素材のカーディガンは紫外線の影響から守ってくれます。

私はどのアイテムを使おう・・・。
自転車通勤の先輩にも聞いてみました。
先輩は日よけのカーディガンとサングラスだそうです。

5月なので、風は爽やかです。
それでも、25度を超える日が増えてきました。
今のうちに夏の自転車対策を始めた方がよさそうです。

100円ショップで購入

100円ショップで手袋とゴムを買ってきました。

100円ショップで購入

手袋にするか、アームカバーにするかさんざん迷いました。
アームカバーだったら100円でも売っていたからです。
でも、手袋にしてみました。
私のイメージが手袋だったからです。
これが吉と出るかどうか。
この夏をかけて様子を見ていきます。

帽子ゴムを縫い付ける

ゴムは帽子用のゴムを買いました。
ゴムの両端にフリルのようなひらひらがついています。

白と黒が売っていました。
白いと汚れが目立つと思って黒にしました。
家に帰ってから、帽子の汗止めテープとあっていたので、黒にしてよかったです。

ゴムを縫い付けていきます。
袋の裏に縫い付け方のアドバイスまで書いてありました。
100円ショップの製品でも親切。

折るか結ぶかしてから縫い付けるとよいそうです
汗止めテープに縫い付ける

ゴムを縫い付けたので、少しの風でも飛ばされることはないと思います。
自転車通勤のお供になることでしょう。

それでは また☆



    -【暮らしのあれこれ】
    -, , ,