【暮らしのあれこれ】 ハンドメイド

技術がなくてもハンドメイドで稼ぐ方法 副業 オークション

1000円の生地で縫った下着など

オークションで10メートル1000円のニット生地を買いました。
それで、ズボン下(ステテコ)、タンクトップ、キャミソール、Tシャツを縫いました。




試しに金額を計算してみました。

作ったもの単価数量合計金額
ステテコ1000円6000円
太肩紐タンクトップ800円5600円
キャミソール600円3600円
長袖VネックT1350円2700円
合計17900円

単価はネットショップなどを参考にしています。
ただ、「こんなものかな~」という感じで結構適当です。


計算してみたら、1万円を超えたのでびっくりしました。
思い付きでやってみたにもかかわらず、テンションアップ。
モチベーション上がります。
単純ですね、わたし。


これだけハンドメイドの服とか着てると「売ればいいのに~」と言ってくれる人がいます。
リップサービスなのはわかっているのですが、本人まんざらでもないから思い込んじゃう。
「好きなことを仕事にしよう」的にわたしも憧れたことがありました。
実際に地域のハンドメイドマーケットに出店したこともあります。


でも、技術が追い付かないんですよね。
縫い目が曲がっていたり、作品のゆがみなど。
細かいところをきちっとできない。
お金をもらうレベルの作品が作れないんです。


好きだけど、仕事にできない。
それがコンプレックスでした。


でも、自分で使う分には問題ないレベルなんです。
私自身がけっこう適当、いい加減、ズボラということが大きいです。
さんざん考えた末、自分で使うものを作ることにしました。


今回、作ったものを計算してみて、考え方が変わりました。
ハンドメイドで収入を得るというのは、ハンドメイドマーケットに出店することやオークションで売ることだと考えてたんです。
でも、自分が使うものを作っても収入になるんですね。
考え方次第では、という感じですが。
無理して売らなくてもいいんだ、と思いました。


もちろん、材料を安く仕入れても、作品を作る時間や手間がかかります。
でも、私の場合、洋裁が趣味なので。
あとは、材料を選ぶのも楽しいから。
自分で選べるのも楽しくてしょうがない。


同じものをたくさん縫っているうちに飽きてきます。
それでも、できたときの達成感がたまらない。
出来上がってから、改良点が見つかって、やり直すことも多いです。
でも、改良できた時の「私がんばったな」感がいい。
自己満足ですけどね~


また、自分で使うので在庫も抱えません。
たくさん作ってしまって、使うのに年数がかかるものもあります。
でもいずれ使います。
無駄がないし、エコですね。
今だったらSDGsですか。



ただの趣味だったら、金銭的なこと考えなくていいのでは、という意見もわかります。
ただ、わたしは稼げてない、というコンプレックスが強くて。
できたものを金額換算するとモチベーションが上がるんですよね~
自分でもしょうがないな、と思います。





それでは また☆

-【暮らしのあれこれ】, ハンドメイド