【暮らしのあれこれ】 ハンドメイド

シャツづくり 参考にしている本 ミシン作業はやっぱり楽しい

ミシンに進めると思いきや、まだ作業が残っていました。

ノッチをつける

接着芯も貼り終わって、さあ!
と思っていたんですが、本で確認してみると、まだ作業が残っていました。
それは、しるし付け。
本では「ノッチ」と呼ばれていました。

襟を2つに折って中央の上下側を小さく三角にカットします(ノッチ)。

シャツの本

ずっといい忘れていましたが、私のシャツづくりはこの本が先生です。
表紙のシャツに一目ぼれしました。

約1年前に購入。

表紙のシャツが作れればいいや、という軽い気持ちでポチッとしました。
だから、届いた本にびっくり。
思ったよりも大きくてしっかりした本でした。

それだけでなく。
レディースのシャツ全般の作り方について書かれていたし。
作り方の解説も丁寧でした。
作り方にはQRコードがついているところもあります。
動画解説もあるのかな?
(今度利用してみようと思います)

実は、表紙のシャツはもう作りました。
(そのお話はいつか。)
ただ、せっかく解説がついているのだから、と。
一番詳しく載っている基本のシャツを作ってみようと。
苦手だと思っている、襟や剣持の練習をしたかったからです。

前端とポケット。

印をつけ終わったので、ミシンに進みます。
はやる気持ちを整えて、前端から。

100円ショップで購入した定規が活躍
前端裾部分の処理

前端は表紙のブラウスと同じだったので、スムーズに進みました。
やっぱりやったことがあることだと、ハードルも低くなります。


ポケットは本の通り目打ちで印をつけました。
白い布なので、色が残らないのでいい方法だと思います。

ポケットをまち針で固定

本では熱接着両面テープで身頃に固定します。
この方法だと、まち針の跡も布に残らないし。
ただ、私は熱接着両面テープの糊がシャツに残るのが気になったので、まち針でやりました。
前端の処理でテープを使わなかったのも同じ理由です。
要は、ちゃんと縫えてればいいんだよね、という。


ヨークから上衿

ミシン作業はどんどん進みます。
カタチができていくのが楽しいです。
パーツが減っていくのもワクワクします。

ヨークをつけています
上衿を作っていきます

途中、上衿を中表で縫うところを間違えました。
中を表と裏で重ねてしまった。
どうも、ぴったり合わないな、と思っていたら、間違えていたという。

最近、目が悪くなってきました。
接着芯を貼っているから裏とか表とか間違えないはず、と思ったのです。
そうではなかった。
間違えちゃいました。
気をつけないといけませんね。

今日は、スマホの作業があるのでミシンができるかな?
新しいスマホを購入したのです。
主人に教えてもらいながら、新しいスマホの設定をします。

それでは また☆

押していただけると励みになります。よろしくお願いします(^^)☆

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へにほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

-【暮らしのあれこれ】, ハンドメイド
-, , , , , , , ,